共通
エリア
お知らせ・キャンペーン情報

トイレ・洗面台工事の流れをご紹介します!!

2020/06/18(木) 

①トイレ工事について

 

皆さんほぼ毎日トイレをお使いになると思いますが、よく使うものほど汚れや劣化って気になりますよね。

お掃除をしっかりされていても、どうしてもついてしまう黒ずみ汚れや、キズってあると思います。

見た目だけなら、と我慢していても、流れが悪くなったり、タンクから変な音がしたり、

おしり洗浄の機能が調子悪かったりと、不便に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

そのままにしておくと突然故障して「トイレが使えない!」ということもあるんです。

そこで今回は、実際トイレを交換するとどのくらい時間がかかるのか、施工方法と一緒にご紹介いたします!

 

 

1.既存トイレの撤去

まずは今ついているトイレを外します。

 

多くの場合、今までついていたトイレ下部分の便器の形に沿って床が汚れています。

トイレは汚れが飛び散りやすく、特に便器周りは垂れることも多いため、トイレの床は便器を外すタイミングに一緒に直してしまうのがベストです。

ハピラクでは、追加オプションとして「クッションフロアの貼替」や「フローリング→クッションフロアへの変更工事」をご提案しております。

もしトイレ交換をご検討であればぜひ床も一緒にご検討ください。

 

 

2.接合部品の設置

撤去したら、床の排水管部分に便器を取り付けるための部品を取り付けます。

ちなみに、この接合部品には各メーカー2種類ほど用意されています。

例えば、おうちによって排水管の穴の位置が後ろだったり前だったりしても、適した部品を使うことで、

お部屋のちょうどいい位置にトイレを設置することができます。

またその穴の芯のことを「排水芯」とも呼びます。

どの部品が合うかはトイレ便器部に書かれている品番を見るか、現在の設置の仕方から判断することもできます。

万が一に備え一度ご自宅のトイレの排水芯を確認してみてもいいかもしれません。

ハピラクではご自宅に合う商品をお調べすることもできますので、お気軽にご相談ください。

 

 

3.トイレの設置

接合部品を設置したらいよいよ本体の設置です。接合部品に合わせて上からはめることで取り付けができます。

うまくはまったら床に止めて設置は完了です。あとは、給水配管を接続することで水が流せるようになります。

最近のトイレは、タンクレストイレが多くなってきました。

水圧と便器の構造によって流すタイプのトイレで、タンクが必要ないため取付けが時短できます。

また、タンクに水を溜めないので水道代も節約できます。

さらに、便座と便器が初めから一体となっているのですき間が少なく、お手入れも簡単なんです。

 

 

お客様からよく「何日くらいかかるの?」とお問い合わせいただきますが、1~3の工程を合わせて2~3時間が目安となります。

ですので、朝から作業を始めればお昼には使用できるようになります。

クッションフロアの貼替をセットでも1日・床解体を含めても1~2日程度でできちゃいます。

 

以上がトイレリフォーム工事の流れです!

 

 

 

 

②洗面台工事について

 

続いて、洗面台の交換工事についてご紹介いたします。

 

洗面台といえば、手や顔、歯や髪の毛などを洗う時に使用する物ですよね。

そう考えると、常に清潔な状態を保ちたい場所です。

しかしながら、湿気がこもりやすく、カビも発生しやすい場所にあるのが洗面台。

ボウルの角にピンクカビが…というのもしばしば。

そのまま放っておくと、頑固な黒カビになってしまうかもしれませんよ?

 

 

…脅して申し訳ありません。

 

ご安心ください。

最新の洗面台は、そういった汚れが付きにくい造りになっているんです!

 

そこで今回はそんな最新洗面台の施工手順をご紹介いたします。

 

 

1.既存洗面台の撤去

トイレ同様、まずは今付いている洗面台を外します。

洗面台には水とお湯の配管が来ている(お湯が無い場合もあります)ので、

それらを止めてからの作業になります。

次に壁に取り付けされている鏡を外し、それから洗面台本体を外します。

 

 

洗面台を外すと多くの場会、床や壁に長年使用された跡が残っています。

もちろん掃除することである程度の汚れは落ちますが、完全に落とし切るのは困難です。

また、新しく設置する洗面台が既存の洗面台よりも大きくなれば跡を隠す事もできるのですが、必ずしもそうなるとは限りません。

そこでハピラクでは、床や壁の内装工事もご提案させていただいております。

せっかくの工事ですので、是非ご検討ください。

 

 

2.洗面台本体の設置

 

撤去が完了すれば、次は洗面台本体の設置に移ります。

この際注意すべきは配管です。

主に給水配管、給湯配管、排水配管が関係してくるのですが、これらの既存配管位置によっては追加での配管工事が発生したり、あるいは設置できる洗面台が限定される場合があります。

 

ただ、こちらもご安心ください。

ご契約前に我々スタッフが確認しますので、設置する段階では心配無用です。

 

洗面台本体を設置し、水やお湯の配管を接続すれば完成まであと1歩です。

 

 

3.鏡の設置

 

最後に鏡を設置したら工事は完了!

ですが、油断はできません。

 

鏡はネジ4本程度で壁に固定されますが、しっかり固定するためにはしっかりとした下地のある箇所にネジを止める必要があります。

また、鏡の裏から照明の電源を取っている場合も多く、電気工事が必要な場合も出てきます。

必要に応じて壁の補強や電気工事を伴いながら鏡の取り付けをしていきます。

 

 

4.コーキング

 

そして壁際に洗面台を設置する場合に忘れてはいけないのがコーキングです。

「壁と化粧台の間に水が落ちて、カビが生えてしまった…。」

などという問題は、洗面台と壁の間にこのコーキングを打つ事で解消されます。

これが本当の最後です。

 

 

以上が洗面台の交換工事です。

順調にいけば2~3時間程度で交換することができ、内装工事を合わせても1~2日ほどで完了します。

 

 

 

リフォーム工事の中でも比較的気軽に行えるのがトイレ・洗面台リフォームです。

今お使いのトイレや洗面台に不満や不便を感じている方はぜひこの機会にご検討ください!

また、どんな商品にしようか迷われている方は「トイレ12台」「洗面台6台」を実物比較できるハピラク古川店・ハピラク石巻店へ是非お越しください!

 

 

 

 

 

タカカツの水廻りリフォーム専門店

『ハピラク古川店・石巻店』

ぜひお気軽にご相談ください!

 

 

 

▼来店予約はこちらから!

https://fast-reform.pro/reserve/

こちらをクリック!

 

 

 

現在、発生しているコロナウィルス感染症防止に伴いショウルームを縮小営業させて頂くことになりました。

 

その一部としてハピラクでは「節電」に取り組んでおります。店頭の電気を最小限にしておりますが、営業はしておりますのでご来店の際は入り口の「ボタン」にてお知らせ頂けますと幸いです。

 

皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

またWEBからも無料相談・お見積り依頼

承っております!!!

 

★・・・・★・・・・★・・・・★

 

 

ハピラク|

タカカツの水廻りリフォーム専門店

 

 

【ハピラク古川店】

〒989-6232

宮城県大崎市古川沢田字筒場浦15

TEL 0800-800-1869

 

 

 

【ハピラク石巻店】

〒986-0868

宮城県石巻市恵み野六丁目5-16

TEL 0120-558-152

 

 

大崎市、石巻市のリフォームなら

ハピラクにお任せ!

システムキッチン(台所)

システムバス(お風呂)

トイレ、洗面化粧台

などの水廻りリフォームは

ぜひお任せください!!

 


 

【対応エリア】

大崎市(一部エリア除く)

栗原市、遠田郡、加美郡、

石巻市、東松島市、女川町

 

★・・・・★・・・・★・・・・★

 

 

 

 

このお知らせ・キャンペーンについて詳しく知りたい方やリフォームをご検討の方はお気軽にご相談ください
お電話でのご相談も受付中!
0800-800-1869
受付時間/10:00~18:00
WEBから無料相談・お見積もり
一覧に戻る
▲ページの先頭に戻る