共通
エリア
お知らせ・キャンペーン情報

浴室改装の工事の流れをご紹介します!!

2020/06/04(木) 

浴室が寒くて気になる方、特にタイル風呂の方は冬場冷えたタイルにとても寒さを感じているのではないでしょうか?工事をしたいけど大変そうだし、時間もかかりそうと思っている方、意外にも工事自体は一週間ほどで終わります。是非一日の疲れをとる快適な入浴時間を手に入れてみませんか?ここでは浴室工事の流れを紹介します。迷われている方是非参考にしてみてください。

1.解体工事 現在使用している浴室の解体です。タイル風呂であれば2日間、UBの場合は1日で解体作業は完了します。ここでの注意点は家の構造体である土台や柱の腐食や白アリの被害です。浴室は最も湿気が多く家の中で一番被害の多い場所です。大事な部分ですので解体後はしっかりとチェックすべき点です。当社では交換または補強をしっかりと行いますのでご安心ください。

2.配管・土間 配管は新しいUBに合わせ給水・給湯配管、排水を直す工事です。作業的には半日程度で終わります。その際当社では非常時点検のために人通口を確保します。配管が完了したら次は土間工事です。浴室の床下からの湿気を防止するとともに、UBの足が乗っかる重要な部分です。冬場はしっかりと養生期間を設け硬化させます。床下の高さに合わせ行うことで脱衣場との段差はなくなり、小さなお子様やご年配の方も安心です。

3.配線・断熱 換気扇や照明の配線を行います。お勧めとしては暖房付換気扇の設置です。暖房機能が付いた換気扇で冬場は大活躍。入浴の30分程前からスイッチを入れることで浴室内を温めることで温度差がなくなりとても快適です。ヒートショックの防止にもなります。配線が完了したら次は断熱工事です。当社では壁4面、天井への断熱を標準としており、浴室をすべて囲うことで断熱効果をより高めています。サッシを断熱サッシに交換することでより気密を高めることができます。

4.UB組立 いよいよUBの組み立てです。よくある質問ですが外壁を壊さないと入れられないんじゃないかとお思いの方もいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。UBは床材・壁材・天井材の部品がそれぞれ別になってますので一つ一つの部品は室内からの搬入で問題ありません。大きなプラモデルといった感じです。組み立ては1日で完了します。

5.UB接続・UB入り口仕上 UBの組み立てが完了したら次の日から使用できるようになります。水道屋さんで給水・給湯配管の接続を行い、電気屋さんで照明や換気扇の接続を行うことで使用できるようになります。また、大工さんにてUBの入り口廻りを補修し、クロスで仕上げをして全ての工事が完了します。

 

以上が標準的な浴室工事になります。タイル風呂からの工事で1週間ほど、UBからの入れ替えであれば5日程で完了することができます。月曜日から工事を開始すればその週には工事が終わるということですね。当社では専門スタッフが現場管理を行い上記手順を一つ一つ確認しながら工事を進めますのでご安心ください。冬場の浴室が気になる方、工事をしたいけど不安のある方、是非一度ご相談に来てみてください。

 

このお知らせ・キャンペーンについて詳しく知りたい方やリフォームをご検討の方はお気軽にご相談ください
お電話でのご相談も受付中!
0800-800-1869
受付時間/10:00~18:00
WEBから無料相談・お見積もり
一覧に戻る
▲ページの先頭に戻る